脱毛方法には様々な種類がありそれぞれに特徴が違っている

脱毛と一言でいいますが、自己処理以外に外でプロの力を借りて脱毛を受ける場合にはいろいろな方法があります。エステ、サロン、クリニックなどいろいろな受ける場所も増えていますが、どのような脱毛方法があるのか具体的に見ていきましょう。

ニードル式の脱毛

ニードル脱毛はムダ毛が生えてくる毛穴一つ一つの毛穴に、電子針を通します。そして電気を流して行くという方法で脱毛をしますので、微弱電流とはいえ痛みを伴う脱毛法オフです。医療行為ですので、エステやサロンでは受けることができない方法でクリニックや医療機関のみで実施されている方法です。以前は永久脱毛といえばニードル脱毛でした。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は今の脱毛方法の中でも永久脱毛と呼ばれるジャンルに入るかもしれません。レーザー光線を肌に当てるのですが、このレーザーは黒い色や茶色い色のみに反応しますので、その結果毛根、ムダ毛、その周辺の細胞にダメージを与えることで、毛が二度と生えてこないようになるという特徴があります。医療行為ですので、脱毛クリニックといった医療機関だけで受けることができて、エステやサロンの脱毛方法と比べると比べ物にならないくらいに出力が強いのが特徴です。

光脱毛について

光脱毛はレーザー同様、光を当てて脱毛をしていくことになるのですが、こちらも黒または茶色の色が吸収する光を皮膚にあててダメージを与えて毛が生えてこないようにする方法です。光脱毛はレーザー脱毛と比べるとかなり出力が弱いので、医療機関で受けるレーザー脱毛と比較するとかなり力も弱いことが特徴です。脱毛の効果もかなり弱いので時間がかかりますし仕上がりも、レーザーには劣りますが、値段がその分リーズナブルであったり、手軽に受けることが出来るという面でメリットが多いでしょう。人気がある脱毛方法の一つです。このように様々な脱毛方法がありますが、特徴も値段も様々ですので、自分に合う方法を探しましょう。

脱毛を効果的に行いたいのであれば毛周期をしっかりとチェック


脱毛をこれから受けるなら色々と意識をした上で受ける必要があります。無闇やたらと受ければ良いというわけでもないのです。毛周期を考えて脱毛を受けなければ意味がないので、毛周期についてしっかりと理解した上で受けましょう。

毛周期とは

毛周期とは毛が生えてきて、そして抜けるまでの周期のことをいいます。この毛周期は全身の毛すべてが同じではありません。毛が生える場所によっても違いますし、毛が生える場所ごとに長さも違うので、それによっても違いがあります。脱毛の効果を発揮させようと思ったら毛周期の成長期という時期に脱毛を受けなければ意味がありません。毛が伸びる時期にあたります。この時期に脱毛を受けなければ脱毛の効果は実感できないのです。脱毛サロンやクリニックでこれから脱毛を受けようと思っている人は、この毛周期をチェックした上で自分の毛周期の成長期であるかどうか確認した上で光を当てなければ意味がありません。

慌てて脱毛を受けようと思ってもダメ

夏になってプールや肌の露出に合わせて急いで脱毛を受けようと検討している人もいるかも知れないのですが、それではダメなのです。なぜなら慌てて受けたとしても半年以上は脱毛の効果が実感できるまでに時間がかかるからです。そのためにしっかりとけ周期を知った上で半年以上前から脱毛はスタートしておかないといけないのです。

効果を上げたいなら毛周期をチェック

効果をしっかりと出したいと思っているのなら毛周期を必ず確認しておく必要があります。毛周期を確認せずにただ通っていても効果は十分に現れないのです。脱毛サロン、エステ、クリニックでは毛周期を見るためにまずは、カウンセリングやお試し脱毛なども実施していますので、それらを受けて効果的に脱毛が出来るように検討しましょう。むやみやたらと脱毛に通えば効果が出ると思っている人はそれは間違いですので、しっかりと正しく脱毛をしていきましょう。